フライヤー(あおも10先 第11弾)

ギャラリー

あおも10先のフライヤーですが、実は第10弾と第11弾は同時に依頼が来ていました。
そして恒例として対戦者のアイコンや画像などの素材をでおさんからいただくのですが……

でおさん
でおさん

ナガトさんの画像がこちら

でおさん
でおさん

久世さんがこちら

YM
YM

予想外のものがきたw

どれを主にすべきか?

前回の第10弾フライヤーを作った時の下段レイアウトを使うことは決まっていましたが、キャラというより画像のインパクトが強かったので、そちらを主にすることを決めました。

ただキャラクタのアップは載せておかないと、下手するとガンダムイベントに見られてしまう。なのでキャラクタのアップを配置することまでは確定。CA演出の時にアップになるので、これを利用することにしました。

本当はファルケの登場シーンがとてもカッコ良かったので使いたかったのですが、どうしてもガンダムと合わせられなくて断念しました。この時カメラMODを導入していたら変わっていただろうか……。

最初に使おうと思っていたファルケの画。

ガンダムを活かしつつ、SFVの対戦感を出したい

もう一つガンダムを活かした工夫として、ガンプラの箱はモビルスーツの名前などをサイドで縦に配置することが多い印象だったので、対戦者とキャラクタ名を左右に縦書き配置することにしました。ファンの英語表記が「F.A.N.G」なので「Z.A.F.T」っぽく見えるかなという目論見もありました。最近のガンダムは知らないけど。

問題はファンのアップ画をどう配置するか。
ガンダムっぽさとして、カットインのように操縦者を表示する演出があるので、それを利用することはできないか。
そう考えてガンダムの背後に、顔の周囲をぼかしたファンを配置することにしました。

完成品。キャラの顔の周りだけぼかして、キャラの顔をはっきりさせています。

「VS」に変わるキャッチコピー

出来上がった構図にキャッチコピーを入れたのですが、これは「VS」を入れづらくなったので、その代替として「穿つのは、私。」と入れています。

これはガンダムがライフル?を撃っている画であり、ファルケもサイコクーゲルなど撃つことで共通点があるので「撃つ」より見た印象が強いと思い、「穿つ」という言葉を選びました。

印象に残るフライヤーにできたものの、反省点は残る

そんなこんなで完成しましたが、この時から「もっと文字情報を少なくできないか?」と考えていました。フライヤー画像はツイートと共に貼られるので、TwitterのIDは不要。あおも10先と改めて書く必要があるか?そもそもレイアウトもちょっとバランスが悪いし……。
この辺りの反省点は次回作に引き継がれることになります。

タイトルとURLをコピーしました