YMSBの下段表示について(10先スコアなど)

YMSB

YMSBでは画面下部のスペースを利用して、10先スコアや画像、テキストなどを表示することができます。その手順などを紹介します。

下段表示で可能な機能

StreamControlの「Bottom」タブをクリックすると、一番上にドロップダウンリストがあります。
ちなみにデフォルトの「Bottom View OFF」の場合は何も表示しません。
以下、どの項目を設定すると何が表示されるのか、一つずつ紹介していきます。

Bottomタブの内容です

FT10(10先スコア表示)

「First To 10」の略で「FT10」です。10先スコアを表示します。
StreamControl上でチェックをつけた方が星マークになり、勝ったことを表示します。
ちなみに、1P2P両方にチェックした場合は引き分け(Draw)を示す「D」が表示されます。

StreamControlでの入力イメージ。
SCforFGCでの10先スコア表示。
SCforSFVでの10先スコア表示。ゲージに被らないような配置にしています。

デフォルト設定では10先スコアを変更しても、星表示は変わりますが数字のスコアは連動しません。
10先スコアと数字のスコアを連動させたい場合は、StreamControlの「設定」タブより「Hide Score」から「Show Score(FT10)」を選択してください。

2つ目の「Show Score(FT10)」を選択!

Next Battle (次戦カード表示)

次に対戦するプレイヤー名を表示します。

StreamControlでの入力イメージ。

「Next Battle」の「No.」欄も、CSVファイルと連動しています。
参加者をCSVファイルで管理している場合は、番号で入力するのが便利です。

SCforFGCでの表示イメージ。
SCforSFVでの表示イメージ。ゲージに被らないような配置にしています。

Bottom Image(画像表示)

PNG画像を表示します。
StreamControl上では拡張子「.png」を入れないファイル名のみで入力してください。
SCforFGCでは幅1440(15人表示時は1920)×高さ135(px)
SCforSFVでは幅800×高さ135(px)の画像が表示可能です。

StreamControl上では「.png」は必要ありません。
SCforFGCでの表示イメージ。
SCforSFVでの表示イメージ。高さ80pxくらいであればゲーム画面の邪魔にはならないかと思います。
透過PNGを使ったイメージであれば、高さが135pxでも綺麗に収まるかと。

Bottom Text(テキスト表示)

テキストを2段で表示します。1段だけでも構いません。
ある程度の長さが収まりますが、長すぎると切れますのでご注意ください。
SCforSFVでは1段目を使うとゲーム画面の邪魔になる可能性がありますので、2段目のみを使うといいでしょう。

StreamControlでの入力イメージ。
SCforFGCでの表示イメージ。
SCforSFVでの表示イメージ。1段目が長くなるとゲージに被るので注意!

まとめ

YMSBはスコアやプレイヤー名だけでなく、色々な表示が可能です。
イベントや配信者さんのスタイルに合わせて、表示方法を工夫していただければ幸いです。

お困りごとやご意見などございましたら、ご遠慮なく当方のTwitterまでご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました