YMSB導入方法

YMSB

YMSB(YM式スコアボード)は配信用のスコアボードオーバーレイで、スコア・参加選手・コメントなどをStreamControlというアプリから制御し、配信画面に表示するものです。
かつては「SCforSFV」と「SCforFGC」の二つに分けて開発をしておりましたが、この二つの機能を統合して、YMSBとしてリリースしております。

ここではYMSBの導入方法として、配信ソフトであるOBSとXSplitを使った場合の設定方法をご案内します。

ダウンロード方法

こちらのページからダウンロードしてください。

ZIP形式で圧縮しておりますので、任意の場所で解凍してお使いください。

また、SCforFGC・SCforSFVの双方を同じ個所にダウンロードしても問題ありません。解凍時(または移動時)に「同じファイルが存在します」旨のダイアログが表示されますが、上書きして保存する形で問題ございません。

同じところに解凍してみたの図。ちゃんと別々に動作可能です。

導入方法

以下、配信ソフト毎の導入方法をご案内します。

OBSの場合

ソースの追加

まずはゲーム画面が表示されている状態で、ソースの追加から「ブラウザ」を行います。「新規作成」から任意の名前を付けてください。

左下の赤丸の「+」から「ブラウザ」を選択します。
名前は何でもいいです。

追加したソースのプロパティ設定

ブラウザの設定画面が表示されますので、下の画像の通りに設定してください。

「ローカルファイル」を設定し、ダウンロードしたSCforFGCまたはSCforSFVを選択してください。

これでスコアボードが表示されるようになります。
あくまでオーバーレイですので、ゲーム画面の上に重ねるように表示順を調整してください。

こんな感じで表示されればOK!

SCforFGCの場合はゲーム画面を調整する

ここから、SCforFGCはゲーム画面を縮小する必要があります。
表示させているSCforFGCの画面をロックさせておくと、ゲーム画面だけサイズを調整させることができます。

SCforFGCの画面は固定させておくとやりやすいです。
中央に画面を縮小・移動。Shiftキーを押しながら縮小するとアスペクト比が変わりません。

XSplitの場合

ソースの追加

まずはゲーム画面が表示されている状態で、ソースの追加から 「ウェブページ」を選択してください。ダイアログが出てきたら「参照」ボタンを押して、解凍した中から「SCforFGC」または「SCforSFV」を選択してください。

ソースの追加から「ウェブページ」選択!
「参照」ボタンを押すとエクスプローラーが開きます
ダウンロードして解凍したファイルから「SCforSFV(またはFGC)」を選択!

ソースのプロパティを変更する

これで画面にオーバーレイが表示されますが、表示サイズがおかしい場合があります。
この場合はソース名を右クリックし、プロパティを下のように設定してください。

オーバーレイの位置がおかしい!こんな場合は赤矢印の部分で右クリック!
プロパティが表示されるので「レイアウト」タブと「HTML」のタブを上のように設定してください

これでスコアボードが問題なく表示されているはずです。
SCforFGCを使う場合は、OBSの項でも説明している通りにゲーム画面の大きさを調整してください。

無事にサイズが合いました!

まとめ

以上が基本的な導入~設定方法です。無事、設定できましたでしょうか?
不明な点やお困りごとがありましたら、当方Twitterまでお気軽にご相談くださいね。

タイトルとURLをコピーしました