CSVファイルを使った参加者管理

YMSB

イベント・大会に参加するのは2名だけとは限りません。トーナメントや団体戦など、複数人の参加が見込まれる場合、メンバーやコメントをいちいちコントローラーに入力するのはかなり面倒です。
そんな場合は参加者情報をcsvファイルに保存し、コントローラーから読み込むと便利です。

CSVファイルにはプレイヤー名・FIDなど別名・所属(ロゴ)・プレイヤーコメント・メンバー背景(forFGCのみ)・団体戦メンバー&コメントといった内容が記載できます。

CSVファイルの編集

CSVファイルはテキストエディタからの直接編集の他、Excelやスプレッドシートなどの表計算ソフトからデータ作成することができます。YMSBにはCSVファイルの元になるExcelファイルを「csv」→「scData.xlsx」に用意しておりますので、そちらを編集してください。
また、既にデータがいくつか記載されていますが、それらは消してもらって問題ありません。

scData.xlsxの中身。各種データの記載例を入れております。

セル内で改行する場合は「Alt」を押しながら「Enter」を押すと改行できますが、改行がYMSB上で有効なのはコメントのみです。
なお、あまりに長いプレイヤー名・コメントは表示がおかしくなる場合があります。その場合はコントローラー上で調整しながら表示を試してみてください。

Excelを使った編集方法

ご利用のPCにExcelがインストールされている場合は、そのまま「scData.xlsx」を開いて編集してください。

編集が終わったら以下の手順でエクセルファイル・CSVファイルを保存してください。

  • 一旦、上書き保存で「scData.xlsx」を保存する
  • 「名前を付けて保存」→「CSV UTF-8 (コンマ区切り) (*.csv)」で「scData.csv」に上書き保存する
「CSV (コンマ区切り) (*.csv)」ではなく、「CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)」で!

名前を付けて保存する際は「CSV UTF-8 (コンマ区切り) (*.csv)」という「UTF-8」が表示されているCSV形式で「scData.csv」に保存します。似たような保存形式に「CSV (コンマ区切り) (*.csv)」がありますが、こちらでは文字化けしてしまうのでご注意ください。

スプレッドシートを使った編集方法

ご利用のPCにExcelがなくても、オンライン上の「Google Sheetsのスプレッドシート」で編集可能です。
Googleアカウントが必要になりますが、無料なのでお勧めです。

1.scData.xlsxをスプレッドシートで開く

スプレッドシートが開けたら「ファイル」→「開く」→「アップロード」を選択し、「ここにファイルをドラッグ」の欄に「scData.xlsx」をドラッグ&ドロップします。

ここに「scData.xlsx」をドラッグ&ドロップ!

これでスプレッドシートで「scData.xlsx」を開くことができます。

見た目もExcelと似ています。

2.編集後、xlsxファイルとCSVファイルをダウンロードする

スプレッドシートで編集しても、これはオンライン上で編集できただけでお手持ちの「scData.xlsx」は変わっていません。ファイルを保存する場合はダウンロードする必要があります。

「ファイル」→「ダウンロード」のメニューから、まずは「Microsoft Excel(.xlsx)」で、次に「カンマ区切り形式(.csv)」で順次ダウンロードしてください。

なお、ダウンロードしたファイルはYMSBの「csv」ディレクトリにある「scData.xlsx」「scData.csv」と置き換えてください。

編集が終わったらダウンロードしましょう。
エクセルファイルは「scData.xlsx」CSVファイルは「scData.csv」という名前でダウンロード。

コントローラーからCSVファイルを参照する

用意したCSVファイルをコントローラーから操作する場合、StreamControl版とブラウザ版で若干操作が異なりますので、ご案内します。

StreamControl版の場合

StreamControlを開いた時点でCSVファイルを読み込んだ状態になっていますので、各プレイヤーの「No.」欄にCSVに登録した内容の一番左の番号を打ち込んでください。

すると自動的に候補が表示されるので、表示されたプルダウンメニューの中から番号をクリックしてください。

1番であれば、赤矢印の「1」をクリック!

そうすると、CSVファイルに登録した内容がStreamControlに反映されます。

CSVの内容が反映されます

ブラウザ版の場合

ブラウザ版の場合は、CSVファイルを読み込む必要があります。
画面上部、「Init」ボタンの左隣にある「Load CSV」ボタンをクリックしてください。以降の操作は「Init」ボタンをクリックした時と同じ要領です。ファイルを開く画面になりますが、クリップボードにファイルパスが自動的にコピーされていますので、ファイルパスをペーストして開いてください。

「Load CSV」ボタンをクリックし、「Init」ボタンの時と同様にペーストしてファイルを開く!

あとは「Player No.」の欄に番号を入力しEnterキーを押すと、CSVファイルに登録した情報がコントローラーに反映されますので、「UPLOAD」ボタンでスコアボードに反映させてください。

変更後のイメージです。

意外と面倒な作業を簡単にしてくれる機能です。

いかがでしょうか。
トーナメント表や参加者一覧から名前を参照したり、コントローラーにコピーするという作業は意外と手間がかかり面倒です。しかし、このCSVファイルを使った管理方法を使えばそれらの作業がかなり楽になるのではないでしょうか。

不明点、こうすればもっとやりやすい!などのご意見などありましたら、遠慮なく当方のTwitterまでご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました